資格は必要なのか

職業によっては資格が必要になるものがあります。介護士や医師、看護師、歯科衛生士などが代表的ですが、ほかにも特定の仕事に就くために必要となる資格はたくさん存在します。資格を取得せずに業務に携わってしまうと法律違反になることもあります。

では、家庭教師の仕事をするにあたり何かしらの資格は必要なのでしょうか。答えはノーです。家庭教師になるために絶対必要な資格はないため、特定の資格がないとなれないということはありません。そのため、家庭教師の仕事は業界未経験でも始めることができ、特別な資格を取得するために時間を割くこともないのです。ただ、取得しておくと就職に役立つ資格はあるので、覚えておいたほうがよいでしょう。

英検として知られる実用英語技能検定は、家庭教師が取得しておいて損のない資格といえます。英語に関するスキルを判断できる資格なので、取得していれば高度な英語力を有していると判断され就職に有利となる可能性が高くなります。また、文部科学省が後援している実用数学技能検定もおすすめです。92年から実施されている歴史ある試験で、累計500万人以上が受験しているといわれています。こうした資格があることは覚えておくとよいかもしれません。