必要なスキル

家庭教師に必要なスキルとして、指導力が挙げられます。生徒によっては、すんなりと授業の内容を理解してくれる人もいれば、なかなか理解してくれない生徒もいるでしょう。生徒一人一人の学力や理解力に合わせ、適切な指導ができる力が必要となります。

また、コミュニケーション能力は絶対的に必要なスキルといえるでしょう。何度もお伝えしていますが、家庭教師は基本的にマンツーマンで指導を行います。会話がまったくないのは不自然であり、時には生徒の緊張をほぐしたり、リラックスしたりできるような会話も必要となるでしょう。コミュニケーションが円滑にとれれば、今後生徒にどのような指導を行っていくかも見えてきます。

柔軟性も必要です。すべての生徒が同じ学力、理解力ではないため、時には柔軟な対応も求められます。わざと指導のペースを落とす、すでに終わっている課題をもう一度繰り返すなど、臨機応変な対応も求められるでしょう。こうしたことを、自らの判断でできなくてはなりません。生徒によってはストレスでイライラしていたり、反抗的な態度をとることも考えられます。このようなときでも、柔軟に対応する必要があります。これも家庭教師に求められる大切なスキルといえるでしょう。